リフォーム業者に依頼した方がよい事例

いつまでも快適に過ごせる家に!リフォームに関する情報サイト

賢いリフォーム術で長く住める家に

リフォームは住宅の雨漏りや設備の故障があったときに行えばいい、と考える方も多いでしょうが、家の各設備にも寿命やお手入れが必要となるタイミングがあります。 今の家の設備をなるべく長持ちさせたいと考えている場合は、それぞれの場所に適したリフォーム時期とこまめなメンテナンスを心がけておきましょう。

メンテナンスのためのリフォーム

家の外壁塗装がはがれてきた、キッチンやお風呂場の使い勝手が悪いなど、ある程度の年月を経ると住宅の劣化や不便さが気になってくるものです。
修繕ケースによっては急を要するものでなかったり、まとまった費用が必要な工事となると、リフォームを行うタイミングがなかなか判断できないとお悩みの方も多いでしょう。
また、リビングやキッチンなど目に付くところだけでなく、普段意識しない場所にもメンテナンスは必要になります。
特に、住宅の基盤となる柱や壁の中、屋根は長い期間メンテナンスを怠ると、老朽化、害虫被害などによって大規模な改修工事が必要となり、かえって費用がかさむ可能性もあります。

リフォームと似たような言葉としてリノベーションというものもありますが、リノベーションは一般的に、骨組みだけを残して家の間取りを変更したり、耐震や防熱など家の性能を上げるための比較的大きな規模の工事を指します。
新築以上に内装をきれいにしたり、家の価値をあげることのできるリノベーションですが、その分工事期間と費用は多く掛かります。
最初はリフォームだけを考えていても、家の土台となる部分のメンテナンスが行き届いていなければ、リノベーション規模での大きな工事が必要となる可能性もあります。
そのため、今の家の築年数や設備の使い勝手、将来の家族構成など、様々な角度で考え、長期的な目線で予算と家のお手入れ状態に見合ったタイミングでリフォームを行うことが大切です。

本サイトでは、リフォームを考えるべきタイミングや、業者へ依頼すべき設備不良の事例などを挙げながら、住宅を長持ちさせるためのポイントをご紹介していきます。
リフォームのタイミングを見極め、家の中の不便なところを解消するだけでなく、今後長く、快適な生活を送れるようマイホームの点検をきちんと行っていきましょう。

家族の変化に合わせた家作り

家族構成が変化するにつれて家の住み心地や部屋の使い勝手も変わってきます。 柱や屋根など節目となる大きなリフォームを行う場合はただ単に補修工事をするだけでなく、キッチンの使い勝手や空き部屋の使い方など、今後のライフスタイルを意識したリフォームを取り入れることをお勧めします。

失敗例から学ぶ!リフォーム成功のポイント

新たな間取りやスペースを設けたり、設備を取り換えたときにイメージと違っていたというケースや、選んだ業者やメーカーとのトラブルなど、リフォームでは様々な失敗例があります。 実際にリフォームを行った後に後悔しないよう、どのようなことに気を付けてリフォームすべきかを、失敗例をもとに対策しておきましょう。

TOPへ戻る