リフォーム業者に依頼した方がよい事例

いつまでも快適に過ごせる家に!リフォームに関する情報サイト

>

家族の変化に合わせた家作り

50代はマイホーム改築に最適な時期

ほとんどの場合、20代から40代ごろまでは仕事や子育てが生活の中心となるため、そのライフスタイルに合った家を購入します。
しかし、50代を過ぎてから家族構成が変わったために、使わない空き部屋ができたり、設備の使い勝手が悪くなってしまったというケースがよく見られます。
50代はマイホームを購入してから大きなリフォームを行う時期とも重なりますので、空き部屋の活用方法やバリアフリーを取り入れるなど、老後も今の家で快適に暮らすためのリフォームを行っていきましょう。

50代で始めるリフォーム例としては、利用しなくなった部屋とリビングをつなげて広々とした空間を作ったり、水周りの設備を寝室やリビングの隣に集中させることで、料理・洗濯などの家事を行うときに歩き回る距離を減らすなどの方法があります。
また、空き部屋を趣味を楽しむための場所や、ウォークインクローゼットにし、収納場所として活用するなどの例もあります。

生活に合ったリフォームを行う

最近では共働きの世帯も増え、子育てや仕事、家事など忙しい日々を送る方も多いでしょう。
リフォームによって料理や洗濯、掃除などの家事の負担を減らしたり、単に設備を新しくするだけでなく、少し間取りを変えたり、場所を移すだけで家族が暮らしやすい家へ作り変えたりすることができます。
例えば、洗面所に部屋干しができるスペースを設けたり、衣類をすぐにしまえるように洗面所とクローゼットの場所をつなげるなどのリフォームを行うことで洗濯物をベランダまで運んだり、畳んで収納するという手間が省けます。
また、キッチンには取り出しやすいキャビネット式のポケット収納を設けたり、お皿や食材を一時的に置いておくためのちょっとした棚を設置する、掃除やお手入れがしやすいコンロやシンクを選ぶなど、少しのリフォームで便利になるだけでなく、料理を楽しむための空間へと変える事もできます。


TOPへ戻る