リフォーム業者に依頼した方がよい事例

いつまでも快適に過ごせる家に!リフォームに関する情報サイト

>

失敗例から学ぶ!リフォーム成功のポイント

よく見られる失敗例とは?

リフォームの失敗談でよくあるのがイメージと違っていたというパターンです。
カタログを見たり、ショールームに行き実際に設備を見てから購入を決めても、実際に設置してみるとサイズ感や部屋の雰囲気に合わなかったという例が多く見かけられます。
ショールームでの雰囲気と自宅での雰囲気は異なるため、設備のサイズ感や材質、色味、実際に使用する場合デメリットや問題点がないかを想定したり、自宅の写真を用意しておいて見比べてみるなど、ギャップを埋めるための対策が必要になります。

また、リフォーム業者によっては粗悪な工事を行ったり、カタログやパンフレットに記載されている物であっても、使用された素材が安っぽく、すぐにリフォームし直さなければならなかったという事例もあります。
値段やイメージだけにとらわれず、しっかりと信頼できる業者選びをすることもリフォームの失敗を防ぐためのポイントとなることが分かります。

リフォーム成功のカギは業者選びにある

後悔のないリフォームをするために最も重要となるのが業者選びです。
値段だけを見て業者を選ぶと、粗悪工事や追加工事の請求などトラブルにもつながる可能性があるので、慎重に選ぶ必要があります。
リフォーム業者を選ぶ基準として大切なのが、営業担当者と見積り内容です。
担当者がどれだけ生活スタイルやニーズを汲み取った提案をしてくれるのかや、商品をただ勧めるだけでなく、どういった問題点やデメリットが考えられるのかまでをしっかりと説明してくれるかどうかによって、安心感とリフォームの方向性が大きく変わってきます。

見積り内容に関しては「設置工事一式」などのように大まかに書かれた項目は、別途追加料金が発生する可能性があるため、その一式工事の中にはどのような内容が含まれているのかなど、細かな部分もしっかりと確認しておきましょう。


TOPへ戻る